Outputs / 業績

Publications

  1. Akito Ogawa, Naoto Jimi, Shimpei F. Hiruta, Chong Chen, Itaru Kobayashi, Gregorius Altius Pratama, Hayate Tanaka, Masanori Okanishi, Hironori Komatsu, Minoru Ikehara (2022) Taxonomy and distribution of deep benthos collected in and around the Southern Ocean during the 30th Anniversary expeditions of R/V Hakuho Maru: Annelida, Mollusca, Ostracoda, Decapoda, and Echinodermata. Polar Science, 32, 100846. https://doi.org/10.1016/j.polar.2022.100846

  2. 佐々木 渉太 ・田中 颯 (2020) 高知県宿毛市にて採集したクロスジラッパウニToxopneustes elegans Döderlein,1885(ウニ綱:カマロドント目). ニッチェライフ, 8: 42-44. 論文PDF

  3. 森滝 丈也・田中 颯 (2020) 水槽内で確認されたカガミモチウニ(新称)(カマロドント目アバタサンショウウニ科)の重なり行動. 鳥羽水族館年報, 16: 35–40.

  4. 林 亮太・日比野 友亮・田中 颯・中島 淳・神保 宇嗣・熊澤 辰徳 (2020)『ニッチェ・ライフ』における生物多様性情報の共有の試み. ニッチェライフ, 7: 1–4. 論文PDF

  5. Tsuyoshi Takano, Hayate Tanaka, Yasunori Kano (2019). A New Species of Mucronalia (Gastropoda: Eulimidae) Parasitizing the Ophiocomid Brittle Star Ophiomastix mixta in Japan. Venus (Journal of the Malacological Society of Japan), 77(1), 45–50. 論文掲載ページ(J-STAGE)

  6. Hayate Tanaka, Takuo Higashiji, Toshihiko Fujita (2019) Record of Eremopyga denudata (de Meijere, 1903) (Echinoida, Diadematoida, Diadematidae) from the Ryukyu Archipelago, Japan. Fauna Ryukyuana, 48: 9–18. 論文PDF

  7. Hayate Tanaka, Wakabayashi Kaori, Tshihiko Fujita (2019) A new species of Fibularia from Japanese waters with a redescription of F. japonica and F. ovulum (Echinodermata: Echinoidea: Clypeasteroida). Zootaxa, 4543: 241–260. 論文掲載ページ(Zootaxa)

  8. 木村 妙子・木村 昭一・自見 直人・角井 敬知・冨岡 森理・大矢 佑基・松本 裕・田邊 優航・長谷川 尚弘・波々伯部 夏美・本間 理子・細田 悠史・藤本 心太・倉持 利明・藤田 敏彦・小川 晟人・小林 格・石田 吉明・田中 颯・大西 はるか・締次 美穂・吉川 晟弘・田中 正敦・櫛田 優花・前川 陽一・中村 亨・奥村 順哉・田中 香月 (2018) 三重県熊野灘の深海底生生物相. 平成29年度三重大学フィールド研究・技術年報, 16: 1–32.

  9. 田中 颯・生野賢司 (2018) 国際動物命名規約第4版の2017年3月改正とその背景. タクサ, 45: 28-32. 論文掲載ページ(J-STAGE)

  10. Okanishi, M., Sentoku, A., Fujimoto, S., Jimi, N., Nakayama, R., Yamana, Y., Yamauchi, H., Tanaka, H., Kato, T., Kashio, S., Uyeno, D., Yamamoto, K., Miyazaki, K. & Asakura, A (2016) Marine benthic community in Shirahama, southwestern Kii Peninsula, central Japan. Publications of the Seto Marine Biological Laboratory, 44: 7–52.

  11. 田中 颯・若林 香織 (2016) コメツブウニFibulariella acuta (Yoshiwara, 1898) (ウニ綱:タコノマクラ目)の卵型個体と米粒型個体における叉棘の形態的相違. タクサ, 40: 1–8. 論文掲載ページ(J-STAGE)

  12. 日比野 友亮・田中 颯・萩原 清司・木村 清志 (2016) 奄美大島初記録のウミヘビ科魚類2種. Nature of Kagoshima, 42: 21–26. 論文PDF(鹿児島大学リポジトリ)

  13. Hiroaki Nakano, Keiichi Kakui, Hiroshi Kajihara, Michitaka Shimomura, Naoto Jimi, Shinri Tomioka, Hayate Tanaka, Hiroshi Yamasaki, Masaatsu Tanaka, Takato Izumi, Masanori Okanishi, Yutaro Yamada, Hideo Shinagawa, Toshihiko Sato, Yasutaka Tsuchiya, Akihito Omori, Mamoru Sekifuji, Hisanori Kohtsuka (2015) JAMBIO Coastal Organism Joint Surveys reveals undiscovered biodiversity around Sagami Bay. Regional Studies in Marine Science, 2 suppliments: 77–81. 論文掲載ページ(ScienceDirect)

学会発表

  • 田中 颯・吉松定昭 (2021-06) 瀬戸内海から発見された本邦初のカシパン類Sinaechinocyamyus sp.(棘皮動物門:ウニ綱)の死殻について ―そのハスノハカシパン、もしかして別種かも知れません―. 日本動物分類学会, 京都大学, ポスター発表.

  • 田中 颯・藤田敏彦 (2017-01) 現生種ニホンマメウニの殻に見られる2種類の穿孔とその生態学的意義. 日本古生物学会, 早稲田大学, 口頭発表.

  • 田中 颯・藤田敏彦 (2016-12) タコノマクラ目の分子系統解析―マメウニは微小化したカシパンなのか?―. 第13回棘皮動物研究集会, 東京海洋大学, 口頭発表.

  • 田中 颯・藤田敏彦 (2016-06) 琉球列島から得られたタマゴウニ目の2種について. 日本動物分類学会第52回大会, 北海道大学, ポスター発表.

  • 田中 颯・若林香織 (2015-12) 特定のタコノマクラ目が利用する生息環境について(予察). 第12回棘皮動物研究集会, 茨城大学, ポスター発表.

  • 田中 颯・若林香織 (2015-12) マメウニ属の分類学的再検討. 第12回棘皮動物研究集会, 茨城大学, 口頭発表.

  • 田中 颯・若林香織 (2015-06) 叉棘形態に基づくコメツブウニ(ウニ綱:タコノマクラ目)の分類学的再検討. 日本動物分類学会第51回大会,広島大学,ポスター発表.

  • 田中 颯・若林香織 (2014-12) 叉棘形態に基づく本邦産コメツブウニ属の分類学的再検討. 第11回棘皮動物研究集会,三崎臨海実験所,口頭発表.

Web媒体記事

一般向け講演

メディア出演など

  • 2022-03-09 アサデス。ラジオ「沼る最高会議」出演「ウニ沼」

  • 2020-05-17 TBSラジオ「安住紳一郎の日曜天国」出演「ウニの話」 番組ページ

  • 2019-12-03 山田五郎と中川翔子の『リミックスZ』出演「ウニの話 後編」 予告Tweet

  • 2019-11-26 山田五郎と中川翔子の『リミックスZ』出演「ウニの話 前編」 予告Tweet

編著書

  • 2021-01-18 たんけん!ウニすいぞくかん アリス館 監修 書店HP

  • 2019-10-25 ウニハンドブック 文一総合出版 主著者 書店HP

  • 2019-10-04 あなたが知らないウニの世界 ウサギノネドコ 監訳 書店HP

雑誌記事

  • 2019-10 雑誌DIVER2019年11月号 ダイバー株式会社 取材協力・写真提供